初めてでも簡単に描ける白銀比率のオーバル形


本日は、Bienvenue(ビアンヴェニュ)のChak
白銀比によるのオーバルの製図のご紹介をいたします。

1.白銀比とは・・・

およそ、1:1.1414 (5:7)に値する比率のことです。
この比率は、
なぜか私たち日本人が魅かれやすいのだそうで、
法隆寺の金色堂や五重塔にも使用されていたり
日本絵画にも古くから用いられているようです。
それゆえに、日本人が美しいと感じる比率といわれる所以なのでしょう。
馴染のあるところでは、ドラえもん・アンパンマン・キティちゃんにも
この白銀比が用いられているのです。
人気があるのは、この比率によるものかもしれません。

2.白銀比を用いた製図

今回のご紹介は、この白銀比率 5:7 で製図した
オーバル型BOXです。

オーバルの縦:横 5:7 で製図した
(楕円)を基底面としています。

こちらの図形はコンパスを使用しておりますので
この白銀比率での製図は、初心者のかたでも
簡単に作図することが出来ます。
同じ直線状に二つの正円を描き、
円中心と二つの円の交点をつなぐ線を4本とります。
その長さを半径とする、交点を中心とする弧を描くと
オーバル(楕円)が描けます。

まとめ・・・

白銀比を用いた5:7のオーバル形は
コンパス使用で、初めての方でも簡単に製図することが可能
1:1414 (5:7)は、日本人に古くからなじみがあり
美しいと感じる比率でもあります。

Bienvenue(ビアンヴェニュ)では、
様々なポイントをデモと解説を交え
次のようなことを丁寧にレクチャーしながら、
紙の目を活用
金具の扱い方
余分なのりしろの切り落し方
ハサミの入れ方などなど・・・
レッスンしております。

ただ今、
2023年度 新規生徒さま募集期間となっております。
初めての方も、以前習った経験がある方も
コツとポイントを交えながら、わかりやすく
お伝えしていますので、

安心してご受講いただけます。

体験レッスン・オンラインレッスンも
可能ですので
お気軽にお問い合わせください。

☘☘ラインでお友達登録☘☘

今だけ限定、本当は教えたくない
カルトナージュで使う筆の長もちする
お手入れ法

また、カルトナージュ・タッセル・茶箱に関する
質問や疑問にもお答えしています。

ご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

関連記事

  1. カルトナージュで作るソファー

  2. クロームメッキの卓上ミラーをエレガントに変身

  3. 大作です!!

  4. カルトナージュ初体験です!!

  5. カルトナージュ作品をキット化する魅力とは・・・

  6. フレンチメゾンデコール

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA