製図クラス初級では・・・

ようこそ・・・

Bienvenue(ビアンヴェニュ)の

chakoです。

今日は、カルトナージュの製図コースで

学習する内容のご紹介です。

Bienvenueのカルトナージュコースでは

キット使用のレッスンと

オリジナル製図レッスンがあります。

それぞれにメリットもデメリットもあります。

キットを使った場合・・・

時間的ロスがなく、

効率よく作品が完成できる。

ただし、既成のもしか作れない!

製図クラスの場合・・・

サイズ出しから考え、

カルトンカットも自分でするので

作品の完成までに時間がかかる。

ただし、カスタマイズが自由にでき

オリジナル作品を

作り上げることが出来る!!

両方のいいとこどりをされている

生徒さんがほとんですけど・・・。

製図に疲れたら、

たまにはキットを使ったりと・・・。

臨機応変に対応されてます。

本日は、カルトナージュ製図の初級で

学ぶ三角形です。

小学生の時に描きましたよね。

1辺が7cmの三角形を

かきましょうって!

その三角形ですが、コンパスで描き出す技法の学習です。

製図が出来たら、カルトンをカットして

組み立てていきます。

そして、お好みの生地を貼って

完成です。

今回は、手のひらにサイズの

三角トレーに。

小さいので、端切れで十分。

よって、ウィリアムモリスのいちご泥棒

ピュアモリスのみで作ってます。

ピアスやリング入れにお使いになると便利ですよ。

ご興味がありましたら

ご気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. フレンチメゾンデコール

  2. キットのお問い合わせ・・・

  3. カルトナージュで作るテッシュBOX

  4. カルトナージュ体験に

  5. 輸入生地の扱いは・・・

  6. 新刊電子書籍! カルトナージュ『基本のき』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA